銀角線から作る、すり出しリング

最近は、自分的にビーズのノリが今ひとつ悪いので、ちょっと彫金の方に浮気気味です(^^;A

本日は、購入した本に掲載されていた、基本中の基本のリングの制作に挑戦してみました。

使うのはSilverの3ミリ角の銀線です…銀線っていっても3ミリ角なので、それなりの太さがあります。

a0167207_238245.jpg

銀線3ミリ角 今回作るのは15号リングです。
15号の内径+銀線の厚み×3.14=必要な長さ に、すでにカットしています。

こいつを、金棒にあてて木槌で叩いて丸くしていくのですが…3ミリって固い(><.)
焼き鈍しをして、なんとか丸くして切り口をピッタリ合わせます。

a0167207_23113443.jpg

楕円なのは、切り口をピッタリと合わせるためです。
ロウ付けをした後に、金棒に入れて叩いて○にしていきます。

で〜、このままロウ付けに突入したのですが…
a0167207_2312384.jpg

上にのっかっているのが七分ロウです(比較的早く溶けるロウ)

え〜、1度目…ロウがまったく溶けませでした。
おかしいな〜?
2度目…これでもかと火を当てても、溶けません。
っていうか、何かロウが溶けないまま黒くなってしまったんですけど〜
リングの金属は赤くなってるし(^^?アレ?
本気で七分ロウなの?と疑いましたが!!
もしかして、何回も焼き鈍しをしているので、表面が酸化してロウが流れないのかも?と思い
慌てて、酸洗いをしました。

ついでに炎の先がぶれないように、場所を変えて、風があたらないようにして〜

さあ!再開です。
ロウ付けのロウは、温度の低い方向から、高い方向に流れるという事なので
ロウの乗せていない、反対側から火をあてて行きます。

そして七分ロウで続けて失敗したので、あえて五分ロウを使ってみました。
そしたら…
a0167207_23215251.jpg

まさかの五分ロウ成功〜〜〜♪
あ…リングの表面に深い傷があるのは、丸めるのが難しかったので、マンリキで固定した時に出来た傷です。
セーム皮をあてては居たのですが、傷が出来てしまいました(><.)…大失敗です!!

気を取り直して(^^;A
まず、金棒にいれて○に仕立てます。
ここでも、叩いていると固くなってくるので、数回焼き鈍しをしながらの作業です。


a0167207_23272236.jpg

やすって、やすって、表面を綺麗にして基本の各線リングにします。
傷を無くすのにかなり削ったので…ここで、すでに3ミリ角じゃ無くなってます(苦笑)
まあ、初めてなので仕方ないですね〜、笑って許して下さい(^^)/

そしてここからが、すり出しです。
ひたすらやすって、表面に波波〜〜な模様を作って行きます。

え〜え〜、ただひたすらやする…やするの繰り返しでございます。
途中、何故か鼻水がタラタラ出始めて…銀の粉にやられたのかしら?(苦笑)
次回からは、マスクをして作業してみます(^^;A

ま〜、銀線から格闘する事、約8時間…こうなりました。
a0167207_2332425.jpg

a0167207_2333646.jpg

a0167207_23332250.jpg

こう、うねうねとした波がすり出されたのが分かりますでしょうか?
本に載っている作品と比べると、うねうね感がたりません(-"-)

多分、傷を消すのに、かなりやすったせいで、幅が無くなって
そのせいで模様の幅が足りなくなったのでしょう。

ここまでやすって、模様にするのなら、あそこまで頑張って傷を消さなくても
大丈夫だっtかも?と、今では思うのですが…なにせ初めての作業ですから、本の通りに頑張ってみました。

付け心地は〜ん〜、どこもほぼ同じ厚みがあるので、今イチな感じ(笑)

まあ、今回はすり出しと、ロウ付けの練習だったので良しにしましょう(^^)/

しっかり磨いたつもりだったのですが、明るくなってからみたら、所々に小さな傷が〜〜〜〜!!
磨き直しです〜(^^;A

は〜しかし、銀線からのすり出しって、結構大変でした。

このリングなら、アートワックスで原型を作る方が、よほど楽ですね(笑)
ただ、ロウ付けとか出来ると、アートワックスの作品の幅も広がると思うので、
やっておこうと思った訳です…はい(^^;A



ランキングに参加してみました。
よかったら応援ポチット、よろしくお願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kongouseki | 2013-10-27 23:46 | Silver、彫金 | Comments(0)