<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お待たせいたしました!!
ハッピークローバーストラップと黒猫リングのキット2種をwebショップにアップいたしまいした♪

a0167207_193574.jpg

☆ハッピークローバーストラップ☆

a0167207_19353055.jpg

☆黒猫リング☆

どちらもラッキーアイテムとして人気のアイテムです。

黒猫って、日本では福猫と呼ばれている幸運のシンボルなんですよ~、ご存知でした?
黒猫が前を横切ると…というのは、後に海外から入って来たそうです。
猫好きさんは、福猫を手元に(=^∀^=)♪

色々あった2011年でしたが、こんな時にこそ、明るく前向きに↑
ラッキーアイテムで気分を変えてみませんか?

ささやかな幸せを手元に…プレゼントしても喜ばれますよ♪

どちらも偶数目のペヨーテ編みですので、
ビーズステッチが初めての方にもオススメです♪
※キットに針と糸は入っていませんので、ご注意くださいm(_ _)m


キットのご購入は→ビーズショップGallery ek tawido
[PR]
幸せの四つ葉のクローバー…幼い頃、三つ葉の中から探した事のある人も多いのでは?
私もその一人で、摘んだ四つ葉を何かの本に挟んで、そのままに…今、いったいどこにあるんでしょうね?

最近は四つ葉しか出ないなんて品種も売られている用で…
ちょっと~、夢が無いじゃないなの~と呟いてみたり(笑)

持っていると幸運が訪れるという四つ葉のクローバーを
ストラップにデザインしてみました。

a0167207_5341655.jpg

ハッピークローバーストラップ

クローバーと一緒に幸運のお守りのテントウムシを一緒に♪

☆テントウムシは幸運の使者♪☆

テントウムシは「天道虫」と書きます。
太陽に向って飛び立つ姿が、明るい幸運を連想させてくれるてんとう虫。

英語では【lady bug】「虫の令嬢」などと呼ばれます。
米国では幸運を運んでくる縁起のよい虫とされ、殺してはならないとされており、
指輪やブローチのデザインによく使われています。
また、聖母マリアに仕える虫という意味を持つそうです。
慈愛のシンボル、転じて恋や幸運を呼ぶ虫で、
そのお守りは大きな成功と財産をももたらすと言われています。

☆四つ葉のクローバー☆

アメリカでは四葉のクローバーの花言葉を、「Be Mine」(わたしのものになってください)、

四葉の一枚はFame(名声)、
一枚はWealth(富)、
一枚はFaithful Lover(満ち足りた愛)、
そして一枚はGlorious Health(素晴らしい健康)と、
それぞれの葉に願いがかけられ

四枚そろってTrue Love(真実の愛)を表し、
幸せを運んでくれるものとしてとても喜ばれます。

また、四葉のクローバーは、
希望hope、
幸福happiness、
愛情heart、
健康healthを表すともいわれています。

諸説色々で、四つ葉のクローバーの小葉は、
それぞれ希望・誠実・愛情・幸運を象徴しているとされるともあります。

そういう、幸せをいっぱい詰め込んだ「ハッピークローバーストラップ」が、キットになりま~す♪

ご自身で持っても良いし、プレゼントにしても喜ばれるアイテムです♪

今からレシピ描きに入りますので、販売は…もうちょっとお待ちくださいね(汗;)
ご用意ができましたら、またブログ、ツイッター、フェイスブック、メルマガでお知らせ致しますm(_ _)m
[PR]
緑川紀久子先生デザインのRibbon Ring…めっちゃ可愛いです♪

このリングを目にしたのは、先生のブログが先だったように思いますが…記憶が妖しい(笑)
ビーズ friend (フレンド) 2012年 01月号 [雑誌]
にレシピが掲載されていたので、さっそく作って見ました♪


a0167207_447171.jpg

アイトアゾレABで…キラキラ~♪

a0167207_4474989.jpg

こちらはロザリンのサテン(?)だったと…妖しい(笑)

最初に作ったのがアゾレの方なのですが、
引き締めが甘かったのかリボン部分のぷっくり度がちょっと足らない(-”-)
中にスキ玉を入れたくなりました。

2個目は引き締めに気を付けて編んだら…ぷっくり~潰れないよ♪
引き締め具合って大事ですね~(笑)

で、どちらも微妙に中心のロンデルが斜めになる…
なんでじゃ~(;Д;)とフェイスブックっで書いたら、先生からお返事が!!

「均等に引き締めると安定します」と、わざわざありがとうございます~m(_ _)m

この均等に引き締めるって、簡単なようで、なかなか難しいんですよね~。
まだまだ精進が足らんって事で(苦笑)

このRibbon Ringを店頭でしていたら、
生徒さんから「これ、欲しがる人、いっぱいいますよ~」っと言われました。

ビーズ friend (フレンド) 2012年 01月号 [雑誌]
にレシピが掲載されているって事をお伝えして、
材料を購入して頂きました(うちは、実店舗ありのお店なのよ~、まるで倉庫でも(^^;A)

こういう風に、誰もが作ってみたい、欲しいって思うような作品を作らないといけないんだな~って、
実感した一日でした。

私のは、私が作ってみたいという欲望が先行した物が多いからなぁ…いかんいかん…反省。

このRibbon Ring 編み方はとてもシンプルですよ♪
真ん中のロンデルの所で繋げる時に、ちょっとこつが必要かもしれませんが、
交差編みさえ出来れば、編めますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。
この冬おススメのアイテムです♪

そうそう、ek tawidoでは、Ribbonn Rinngの完成品の販売はありません。
作品見本は自分用です。
ぜひ、ご自身で編んでみて下さいね♪

本の購入は ↓ こちらから ↓ どうぞ♪
ビーズ friend (フレンド) 2012年 01月号 [雑誌]
[PR]
まあ、あるわあるわ、半端なビーズ(笑)
ちょこっと残ったビーズを消費するべく、ちょこちょこ編んでいます。

こういうちょこちょこ編みは、殆どがテグス編みです(^^;A
ステッチだとつい細かく凝った事をしたくなるので…
私の中では消費プロジェクトにステッチは向かないのよね~

a0167207_4223540.jpg

小鳥ネックレス

薔薇の花にちょこんと小鳥がとまったようなネックレスです。
思いつくまま、気の向くままに編んだので、同じものをと言われても
二度と作れません(笑)
レシピを考えない時は、結構好き勝手に編んでいます♪


a0167207_4231883.jpg

ジルコニアピンブローチ

こちらは、よ~く見るとサイズの違うジルコニアが入っています。(中央の大きいジルコニアを除く)
多分、本物を見ても「ん?」と気が付かない人の方が多いかもしれません(^^;A
余りものを消費しようというのが、第一目的のプロジェクト。
本気で余った物しか使っていないので、そういう事がおきます(笑)
まぁ、バランスが取れて可笑しくなければOKって事で(笑笑笑)

小さい時から、このジルコニア系のハマったネックレスとかブローチとか大好きでした。
その頃のアクセサリーは、金属にガラスを張り付けた物だったり、
金属の金型に詰めでジルコニアを留め付けてある物だったり…
そういう感じの物をビーズで作れないかな~?と思っていたのです。

金属に留めたようには行きませんが、テグス編みでも、それなりに出来てる…よね?
ワイヤーワークで作ったら、もっとそれっぽくなるのだろうけど…

実は、ワイヤー苦手(^^;A
ものすごい手に汗をかくので、ワイヤーがツルリン(笑)
上手く出来なくて、緊張するとさらに手に汗をかくので、ますます手が滑る~の悪循環(笑)

どれくらい汗をかくかというと…
父から貰ったシャーペンのペン先の金属部分のメッキが剥げて、下の真鍮(?)が出てきたし(小学生の頃)
今だったら、ビーズステッチ用の針…錆びます(-”-)

そんななので、ワイヤーワークをするのは諦めました(苦笑)
どう考えてもワイヤーを錆びさせる事、間違いなし!! なんですもの~( ;Д;)うぇ~ん

自分の出来る範囲で、出来る事で楽しんでおります♪
[PR]
まだまだ多面体ブームは続いております~(笑)

a0167207_3592819.jpg

26面体というと、とても大変なように感じますが、
実際に編むのは三角形のパーツをちょこちょこ作って、つないでいくだけ~
間の隙間でできる空間も面として数えるので26なんて数字になっちゃうんですね~(笑)
中央のパーツで三角形を8個編むだけです♪
左右の飾りに三角を3×2=6 6個編むので、全部で14個の三角を編んでいます。

a0167207_411982.jpg

一気に作ると大変だけど、ちょこちょこパーツを作っておいて
繋げるようにしておけば、思っていたよりも簡単かも?って思えるかと(^^;A

デザイン的には、これってUFO?(笑)
幾何学的なデザインなので…う~ん、なんでしょうね?
作った本人にも、よく解りませんが…
個性的なので、着けていると、結構目立ちます(笑)

これを見て、これだ!!って感じる物があったら、教えて頂けるとうれしいな♪
私には、どうしてもTVゲームに出てくるUFOにしか見えないんですよ~(笑)

あ…「どこかの遺跡から掘り出されたみたい」と、これも言われました~。
遺跡から出土したような作品…これで何個目かな~?
確か3個目のような…(笑)

いいんです、それも個性さ~♪

a0167207_4153011.jpg

上の写真が、あまりにブレブレだったので、撮り直し…
これでも、ぶれてる?
う~ん、携帯の写真だと、すごく限界を感じます(/_;)
[PR]
テレ朝系 毎週水曜日よる9時放送の「相棒」
そのタイアップ商品のヤマザキのパン、その名も「相棒」

こんぱん、警視庁一の変人と言われながらも
抜群の頭脳で独自捜査をし、紅茶をこよなく愛する杉下右京(水谷豊)と神戸尊[及川光博)の二人のコンビネーションで
難事件を解決していくドラマだそうで…

a0167207_20474330.jpg


このパンは、そのコンビを意識した作りのようです。

紅茶のパンなのですが、中は紅茶クリームとホイップクリーム。
外に紅茶あんをトッピングしたもの…

紅茶あん? あんこ?
え~~~~!! と思ったのですが、ネタやんと購入(笑)

あんこと思うからいけない…紅茶のモンブランクリームが上にトッピングされているというのが
開けて食べた感想♪

せめて、紅茶ペーストのトッピングって書いたらいいのにと…。
あんって、「あんこ」ってイメージが先行しちゃって微妙~(^^;A

どちらかというと、お菓子パン。
中の紅茶クリームとホイップクリームは適度な甘さでしたが、
トッピングの紅茶あんが甘~い(笑) なので、甘いパンです!


甘い物好きの人や、疲れている時にはおススメです。
紅茶の香りは、とても良かったですよ~
紅茶と一緒に頂くのをおススメしま~す♪
[PR]
こちらは、サプライズ用に制作したハクトウワシのストラップ。(お渡し済みなのでアップ♪)

a0167207_2023640.jpg

ハクトウワシ ストラップ

これなら男性でも持って頂けるのではないかと…喜んで頂けたので、よし!!(笑)

デザインを起こす段階で、大きくなりそうだな~と思ったのですが、
やっぱり、作りたいレベルのデザインを追及すると、どうしても大きくなりますね(汗;)
それでも、持ち運んで邪魔にならないサイズになんとか収まりました~(笑)



よく、デザインをどうされるのですか?と質問を頂きます。
基本的には、ペヨーテ用のデザイン用紙を使っています。
それに、こんな感じにしたいというアウトラインを入れて(写真等参考にしながら)
色鉛筆で配色を入れていきます。

色鉛筆の色数は12色の物で…まあ、大抵のデザインはいけます。
微妙な部分は、濃淡で表現して、枠をはっきりするように
色別にわかりやすいように鉛筆でなぞっておきます。

あとは、ビーズから色を選んで編むだけです。


で…デザインはよくても、ビーズに希望の色があるとは限らないのが世の常でして…
これで大丈夫かな?と選んだビーズが、編んでみたら「チガ~ウ!!」なんて、良くあって(笑)
あまり微妙すぎる配色にすると、出来上がりもぼやけてしまって???になるし、
編んでいる最中に何色でどこを編んでいるのか解らなくなったりと…(苦笑)

ここは、実践して色を見つけるか、あとは経験が物を言う世界に突入しちゃいますかねぇ

私の手元には、編んでみて途中で止めた編み見本みたいな、小さな物が沢山あります~(笑)
これが結構役に立つので、ばらして整理する事ができないんですよね~(苦笑)
[PR]
先日、ちょっとしたきっかけで思いがけない方からオーダーを頂きました♪
和風がいいとの事でしたので、ほぼおまかせで制作したのが、
こちらの桜ブローチ。

a0167207_19533874.jpg

桜と水流のデザイン。

基本、ブリックステッチとペヨーテステッチで出来ています。

他の作品のブローチとネックレスもお持ちして、
お好きなのを選んで頂きました。

結果…使い勝手の良いネックレスを選ばれました(笑)

ま…そういう事もありますわね(笑)

で、手元にこの桜ブローチがあるので…キット化する?
ちょっと悩み所なのですが、
日本人って、桜すきですよね~?

来年の春ようにどうかしら? と思案中です。
[PR]
クリスマスシーズンにはいって、街中はクリスマスのディスプレイ一色ですね。
クリスマスと言えば、葉っぱの赤いポインセチアが定番!!

所が、このポインセチア…猫ちゃんにはあまりよろしくないそうです。

a0167207_17201855.jpg

ek tawidoもポインセチアを頂いたのですが…
植物をかじる癖のあるアッシュがさっそく「あ~ん」と行きかけたので、
慌てて、棚の上の方にあげて事なきを得ました(^^;A

ポインセチア
葉と茎に含まれる複合テンペルが原因で、嘔吐や下痢をおこします。
症状は一般的に軽く、生命に危険をおよぼすことはありません。

と、いう事ですが、何もないにこしたことはありませんからね。
ネコちゃんのいるお宅は、お気を付け下さい♪

参考サイト 猫に危険な植物☆アビシニアンキャッテリーこちらには、猫にとって色々と危険な植物が掲載されていますので、よろしかったら参考まで、どうぞ♪
[PR]
もともとシックな色合いが好きなのです。
そのせいか、私の作るものは、良く言えばクラシック…悪く言えば…渋い(笑)

今回は、手元にあったマットブロンズの丸小を使いたくて、作ってみました。

a0167207_174076.jpg

アンティーク調のピンブローチ

実は、かなり色々な色が入っています。
マットなビーズの中にキラリと光るビーズを入れているので、
実際に付けて見ると…渋いのに派手!!(笑)

ちょっとキラメキがあると、楽しくなりますよね~♪

ビーズアクセサリーを作っていて良かったと思うのは、
アクセサリーを手にした方の、うれしそうな笑顔を見た時です。

このブローチは、さっそく着けてお帰りになられました♪

ありがとうございます♪
[PR]